陸内協について

事業内容

当協会は陸用エンジン業界の健全な発展をはかると共に、業界のまとめ役、専門家集団として、環境保全から当産業の国際化、また、生産、流通、市場調査から技術、法律に至るまで、業界にかかわるあらゆる分野の問題に積極的に取組み、関連する産業の発展にも寄与することを目的として、次の事業活動を行っております。

  1. 会員が事業について討議したり、意見や情報を交換するための共通の場を提供する。
  2. 国内外の関係官庁や団体との緊密な連携を保ち、特に環境面で健全な法規制とその国際的整合化を目指す。
  3. 会員と作業機搭載メーカーとのコミュニケーションを充実させ、相互理解を深める。
  4. アメリカ、ヨーロッパを始め各国や地域の同業界団体と国際間の共通問題を討議し、融和を図る。
  5. 陸用エンジンと携帯用発電機の生産、出荷統計をまとめる。
  6. 市場、通商、物流に関する調査を行なう。
  7. 他の団体および研究機関の研究や調査に対して支援を行なう。
  8. 刊行物、展示会、講演会などを通じて、幅広い広報活動を展開する。
  9. 輸入を促進し、また海外生産の展開によって相手国の雇用の拡大と工業の発展に寄与し、産業の国際化を図る。
  10. エンジンの排出ガス規制対応技術等の調査、研究を行なう。

ページの先頭へもどる