統計

見通し・出荷実績


こちらの資料は全てPDFファイルにて提供しております。

生産・輸出見通し- 陸内協調査による

(更新:2019年4月1日)

2019年度(平成31年度)陸用内燃機関生産、輸出当初見通しについて

 平成30年度の国内生産台数は、ガソリン機関、ディーゼル機関ともに輸出の増加に支えられて前年度比大幅増加し、ガス機関を加えた全体で対前年度114.9%の4,154千台で、平成22年度以来8年ぶりに対前年度増加の見通しとなりました。 一方、海外生産台数は、ガソリン機関の減少が大きく対前年度98.0%の10,003千台と2年連続減少の見込みとなり、これにより国内と海外を合わせた生産台数は、対前年度102.4%の14,157千台と増加の見込みとなりました。なお、ディーゼル機関の国内と海外を合わせた生産台数は前年度比115.3%の2,206千台で、過去最高となる見込みです。
 平成30年度の国内需要動向は、農機需要低迷や天候不順による草刈り市場の低迷、防災需要の高まり等があるもの大きな動きがない状況です。一方海外は、米国市場の堅調さと中国建機市場の好調継続、欧州はディーゼルの排出ガス規制前の需要増加があり、これらの輸出に支えられる形で国内生産が大幅に増加する見込みです。
 2019(平成31)年度の国内需要動向は、大きな動きがみられない中で消費増税による駆込み反動が懸念される状況です。一方海外は、米国、中国、欧州が引き続き好調ながら中国経済の減速や欧州排出ガス規制前需要の反動等の懸念材料があります。
 このような中、2019(平成31)年度の国内生産は、ガソリン機関が2年連続で増加するものの、ディーゼル機関が3年ぶりに減少することから、対前年度100.4%の4,170千台と微増の見通しとなりました。海外生産は、ガソリン機関が増加するものの、ディーゼル機関及びガス機関が減少し、国内と海外を合わせた生産台数は対前年度99.8%の14,129千台の見通しとなりました。また、海外生産比率は、ガソリン機関とディーゼル機関の低下により、全体では対前年度0.2ポイント低下の70.5%となる見通しです。


過去の見通しは以下の通りです。

販売経路別及び需要部門別出荷実績

(更新:2018年7月2日)

平成29年度陸用内燃機関の販売経路別及び需要部門別出荷状況について

 平成29年4月より平成30年3月にいたる1年間の陸用内燃機関の出荷台数の実績を販売経路別及び需要部門別に会員(計21社)より申告頂き、集計いたしました。
 販売経路別出荷について、ガソリン、ディーゼル、ガスエンジンを合計した出荷台数は4,397千台で、販売経路別の比率は、自家用38.7%、直売20.8%、単体輸出40.5%となっています。需要部門別出荷について、ガソリン、ディーゼル、ガスエンジン合計で、国内出荷台数は、2,615千台(前年度比93.6%)で農林・漁業機械が最も多く70.3%を占めています。単体輸出台数は、1,782千台(前年度比94.3%)で、農林・漁業機械が41.9%、土木建設・運搬荷役・産業機械が41.0%となっています。

過去の実績は下記の通りです。

Adobe Reader

Adobe Readerのダウンロード

PDFファイルをご覧頂くには、アドビシステムズ社が配布しているAdobe Reader(無償)が必要です。Adobe Readerをインストールすることにより、PDFファイルの閲覧・印刷などが可能になります。Adobe、Adobeロゴ、Readerは、Adobe Systems Incorporated(アドビ システムズ社)の、米国ならびに他の国における商標または登録商標です。

ページの先頭へもどる